Image is not available
Arrow
Arrow

ロングテール戦略

キーワードによっては、お宝キーワードと全く逆パターンである「需要が少
ないのにライバルばかり多いキーワード」が存在します。たとえば、競合性が「高」で、 AdWords 広告の出稿数も多くライバルがひしめき合っています。こうなると、いくらSEOで上位表示してもアクセス数が期待できず、残念ながらビジネスになりにくいのです。
このような場合、このキーワードを捨てて、 購入者ターゲ ツトを絞ったキーワードを探しましょう。関連するキーワードにこれらのキーワードメインにしたスモール キーワードを考えてみましょう。

複合キーワードの ロングテール戦略は安定したアクセスをサイトに呼び込むための、 1ページあたりに複合キーワードで集客する口ングテール戦略を学びましょう。ビッグキーワード には、上位表示した後の順位下落のリスクがありますが、別の上位表示の方法で順位下落させない方法があります。それは、全ての個別ページやブログ記事を「複合キーワー ド」で上位表示することです。

複合ワードとは2語以上のミドルキーワード、スモールキーワード、ニッチキーワード全ての総称です。複合キーワー ドで、 上位表示するページを数ページ、だけ作ってサイト運営をしてもアクセス数は期待できませんが、もしも 100 ページや 1000 ページ作成できた としたらどうでしょうか? 100 ページ以上のページを作るのは確かに手聞がかかるかも しれ ませんが、 1日たった1アクセスの複合キーワード のページを 100 ページ作れば、 1日1 00 アクセスをコンスタン卜に集める ことができるのです。 1日1アクセスのペー ジを 1000 ページ作れば、 1日に 1000 アクセス集まります。 ビッグキーワードが検索順位の変動リスクが大きいのに対し、複合キーワードで上位表示した各ページはライバルが少なく、安定して上位表示し続けるのです。 このような1ぺー ジあたりのアクセスは少ないけれども、 100ページ、1000ぺーシのWebサイトにしてお客様からのアクセスを安定して大量に集めることを 「ロングテール戦略」と呼んでいます。ロングテール戦略とビツグキーワードを組み合わせてSEOを実施すれは最強の効果が期待できます。