Image is not available
Arrow
Arrow

広告費

現在、 SEO対策をはじめとした検索サービスを活用したマーケティング手法は、多くの企業や個人が実施するようになり、その市場規模も非常に大きなものとなっている。 それを表す例として、電通が発表した「日本の広告費」を挙げておこう。 これによると、インターネット広告費のうち検索連動広告費 (PC領域のみ)がおよそ4分の1を占めているのである。 ちなみにこの額は、同年のラジオの広告費を上回っており、 4大マスメディアの一角を上回る規模に達しているといえる。しかもあくまでPC向けの ウェブサイト(PCサイト)のみの費用であり、携帯電話向けのウェブサイト(携帯サイト)の費用は含まれていないので、これを含めるとより大きな額となるはずである。 またこの資料によると、 PC向けディスプレイ広告(バナー広告など)が不況の影響などもあって前年数%と微減しているのに対し、検索連動広告は108%と成長を続けている。キーワードという利用者が求める要素に対し、直接訴えかけることが できるマーケティング手法であるということ。その効率性とマッチングの高さが、不況 で広告費が落ち込む中でも、クライアントから人気を得ている要因だといえるだろう。