Image is not available
Arrow
Arrow

検索サービスごとに対策手法は異なる

ヤフー・ジャパンとグーグルという2大検索サービスがあり、さらに加えてさまざ まな検索サービスが存在する。当然ながら、同じキーワードでそれぞれのサービスで 検索した場合、結果は異なってくる。それぞれのサービスが採用している検索エンジンが異なっており、独自のクローラーや順位付けのシステムを持っているのだから、 結果が違うのは当たり前のことだ。 これが何を意味しているのかというと、SEOは1種類ではないということだ。 グーグルならグーグル向けの、ヤフー・ジャパンならYST向けの対策をする必要があり、それぞれの検索エンジンの特徴や仕組みを把握した上で、それぞれに向けた対策をする必要がある。対象をbingやパイドゥなどに広げた場合も同様で、bing向け、パイドゥ向けの対策が必要となってくるのだ。 無論、各検索サービスともに、 SEO対策において共通している部分は多く存在しており、これらの要素を整えておけばある程度の順位を確保できるようにはなるだろう。 だがそれぞれの検索サービスの上位に表示されたいのであれば、それぞれのエンジンに向けてそれぞれの対策をする必要があり、かかる手間も増えていくということは 覚えておくべきだ。 しかも第l章で触れたように、ヤフー・ジャパンは一般層、グーグルはビジネスマン層といったように、それぞれ利用者層が異なる傾向が見られる。ゆえにSEO対策を実施する上では、あなたのウェブ・サイトの利用者層が、どちらのサービスと相性がよ いのかを見極め、どちらに注力するか考える必要がある。