Image is not available
Arrow
Arrow

検索結果の表示順

検索サービスはどうやって順位を決めているの?
現在のSEOは、グーグルをはじめとした「ロボット型」の検索エンジンに対して 対策を施すのが一般的となっている。 では、このロボット型の検索エンジンは、どうやって検索結果の表示順を決めてい るのだろうか。大まかな仕組みを、順を追って説明しよう。
①クローラーがウェブ・サイトを巡回し検索エンジンがランク付けをするには、当然のことながらウェブ・サイトのぺ ージ 情報が必要となる。これを取得して回っているのが「クローラー」だ。 クローラーとは、インターネット上に存在するウェブ・サイトを一定期間ごとに巡る。
その中のぺージ情報や、ページ内のリンク情報を自動的に取得してくるプログ ラムのこと。クローラーに巡回されたウェブ・サイトのみが検索結果に表れるようになるので、自身のウェブ・サイトがクローラーに巡回されることが、 SEO対策において最も重要な要素となる。 クローラーが取得してきたぺージやリンクの情報などは検索エンジン側に保管され、 ②以降の作業に用いられる。検索サービスの検索結果からキャッシュを表示を選択することで、そのぺージの過去の内容を参照できるようになっているが、これは、 クローラーが検索用に取得してきたぺ ージ情報を表示しているのである。
②ページ情報を整理し、データベースを作成 クローラーがぺ ージ情報を取得してきたら、検索エンジン側でぺ ージ情報を検索時 に引き出しやすいよう整理・分類し、データベースを作成していく。 その基準はエンジンによって異なるが、主にページ内・サイト内に含まれるキーワードなどの情報や、サイト内のリンク構成、そして外部のどのようなウェブ・サイ トから、どのくらいリンクが張られているかという情報などを元にウェブ・サイトのランクを付け、後の検索結果の順位付けがなされていく。
③検索結果に反映 検索システムに②で作成したデータベースを反映させる。後はユーザーが入力した キーワードに応じてデータベースから結果を引き出し、先ほどのランク付けと独自の 評価基準を元に、キーワードに対して重要性の高い順に検索結果を表示する。 ロボット型検索エンジンの特長は、先にも触れた通りか全自動ということだ。 データの収集からランク付けに至るまで、全てが自動的に実施され、人の手が介在することはほとんどないといってよい。そのため検索結果の順位付けは基本的に平等で あり、どんなウェブ・サイトであっても検索結果の上位に表示される可能性がある。 そしてもう一つの特長が 定期的に内容を更新するということ。ネットの世界では次々と新しいウェブ・サイトが登場しており、内容もめまぐるしく変化する。 こうした最新の情報をいち早く結果に反映させることができるというのも人気と なった大きな要因であり、かつSEO対策がしやすい要因にもなっている。