Image is not available
Arrow
Arrow

キーワードの選定は格付けを参考にしながら決める

メインキーワード、ミドルキーワード 、サブキーワードを決定する際には、格付けを参考にしながら決めていくと、資格的にも分かりやすいので、設計ミスも防ぐことができます。
キーワード選定の際の大原則として、新規制作の場合は、月間検索数やキーワード効率を重視して選びます。

【メインキーワードの選び方】
Google、Yahoo!JAPAN、bingの“オススメキーワード”とライバルサイトとの兼ね合いを考えつつ、できるだけ月間検索数が多く、キーワード効率が良く、かつ、“オススメキーワード”に含まれるものをメインキーワードとして選定しましょう。

【ミドルキ一ワードの選び方】
メインキーワードほどキーワード効率は良くないが、それに準じるキーワードをミドルキーワードとして選出します。もちろん、 “オススメキーワード”の条件を満たしていることが望ましいです。

【サブキーワードの選び方】
月間検索数は少なくても、キーワード、効率が良いキーワードはサブキーワードとして選出します。
サブキーワードをたくさん見つけることで、SEOにおける口ンクテール現象が起こります。
つまり、月間検索数の多いキーワードひとつよりも、月間検索数の少ないキーワードがたくさんあったほうが、Webサイト全体のアクセス数UPに貢献する場合があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です