Image is not available
previous arrow
next arrow
Slider

SEO対策で利用者をゴールに導く

SEO対策は、アクション率の高いユーザーをピンポイントで集客できるということができるそうです。SEO対策を行うことで、サービスや商品に関連するキーワードで検索した人たちが集まるので、他の集客手段よりは数段高い確率で目的の行動をしてくれるそうです。SEO対策の利点を活かすことで、訪問後のアクション率を最大化できれば、実現する成果も大きく変わるそうです。SEO対策おというと集客ばかりに目が行ってしまうということがありますが、集客数だけではなくて、集客した後にしっかりとアクションを起こしてくれることが重要なのだと思います。要するに、集客する相手というのは、ウェブサイトが提供するサービスや商品に興味がある人ということになるかと思います。ターゲットになる人達を明確にすることが成果につながるといえるのではないかと思います。成果につながるターゲットをたくさん集客したら、その次には、そのターゲットに適切な情報を提供する必要がでてくるかと思います。せっかく正しいターゲットを集客できても、ウェブサイト自体がターゲットを惹き付ける力がなければ意味がなくなってしまうということのようです。お店などで商品を売るとときは、販売員さんが商品の魅力を的確に伝え、他の商品との違いを説明して、お客様に商品の購入を誘導するかと思います。ウェブサイトも同様だと思います。ウェブサイトも来てくれたお客様に対して商品の説明やサービスの魅力を伝えなければ、購入してもらうこともサービスに申し込むこともないかと思います。訪問者が申込みや購入をしてもらえるように、魅力を伝え、他のものとの違いをきちんと理解してもらえるようなサイトづくりをしなければならないそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です