Image is not available
previous arrow
next arrow
Slider

SEOの順位と価値 その2

SEO対策をサイト運営者が行う上で、検索結果の順位は、とても気になるところです。ですが、この表示順位にばかり気に取られていると、本来のSEO対策における目的や目標から、遠のいてしまう事もあると聞きましたので、その辺りの事情を詳しく調べてみる事にしました。SEO対策に対する、目的や目標は、サイト運営者によって、個々に異なってきますが、まず、SEO対策に求める目先のものとなりますと、検索結果の表示順位であります。実際に、ユーザーさんが、検索ワードを入力した際に、検索結果上位に表示されなければ、サイト運営を行っていても、集客や売り上げにはつながりにくくなってしまいます。ですが、履き違えてはいけない部分は、SEO対策は、検索結果に表示される順位を上げる目的の為だけに取り組んでいるのではないという事です。SEO対策の先に見据えた、事業としての目的や目標をきちんと明確に把握していなくてはなりません。SEO対策において、設定される「検索クエリ」(検索時のキーワード)によっては、検索結果として簡単に上位に表示されてしまう検索キーワードもあるようなのです。その「検索クエリ」を選択した場合の問題点として、スモールワードと呼ばれる「検索クエリ」は、検索結果における上位表示を狙う競合が少ない事から、表示順位的には、良いポジショニングになる可能性が高いのですが、ユーザーが検索をかける機会が少ない分、Webサイトにアクセスする機会が乏しいという結果を招いてしまうのだそうです。SEO対策において、検索結果における表示順位ばかりに囚われていると陥り易い落とし穴であるのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です