Image is not available
Arrow
Arrow

Googleがもたらした変化

ウェブ・サイトの増加率と、ディレクトリ型検索サービスに登録されるウェブ・サ イトの増加率がミスマッチを起こし、ユーザーニ ーズを満たさなくなってきたことか ら、徐々にディレクトリ検索に対する不満は高まっていた。そうした人達が向かった 先が「ロボット型」を採用した検索サービスであった。 これはインターネット上に存在するウェブ・サイトを、かクローラーと呼ばれる プログラムが自動的に巡回して情報を取得し、その中からユーザーが入力したキー ワードに応じて、適したウェブ・サイトを表示するというものだ。 人の手が介在せず全自動であるというのと、カテゴリをたどってウェブ・サイトを 探すのではなく、キーワードから探すというのが、ディレクトリ型との大きな違いだ。 ロボット型を採用した検索サービス自体はインターネットの初期段階から存在した ものの、ウェブ・サイトそのものが少ない上に精度が高くなかったことから、ディレ クトリ型ほどの人気はなかった。 だがウエブ・サイト数が急増したことに加え、研究開発が進んで精度が高まったことなどにより、徐々に「goo」などのロボット型検索を中心とした検索サービスが人気を博すこととなったのである。 こうしてロボット検索エンジンの人気が高まり、インターネット上に散らばる多数 のウェブ・サイトをより探し出しやすくなった。しかしロボット検索の人気は、新たな問題を引き起こすこととなる。 当時は、ウェブ・サイト内のキーワードから順位付けをしていた検索エンジンが多かったのだが、これを悪用してぺ ージ内に無関係なキーワードを埋め込み、検索結果の上位に表示するという、いわゆる検索スパムのような行為をするウェブ・サイトが多数出現。これに対する対策がなかなか進まなかったことから、多くのロボット検索エンジンの信頼性が急速に落ちてしまったのだ。 その頃アメリカにおいて、その後の検索サービスに大きな影響を与えるロボット型検索サービスが誕生した。それが「google」である。 googleはウェブ・サイトにランク付けをして、外部からのリンクも評価に加えるなどして、キーワードのみに依存しない独自の検索エンジンを開発。これが高い検索 精度を誇ったことから、急速に人気を獲得していった。