Image is not available
Arrow
Arrow

Googleの検索エンジン

どの検索サービスに向けて対策するべき?
一口に検索サービスといっても 多くのサービスが存在する。では、一体どの検索サービスに向けてSEO対策をするべき だろうか? あくまで日本国内の場合ということになるが、結論から言ってしまうと、まず対策するべきはヤフー・ジャパンとグーグルの2つのサービスということになる。 理由は単純明快で、日本ではこの2つの検索サービスが最も多く利用されているか らである。利用者が多いサービスに向けて対策を施した方が多くのアクセスが見込め るというのは、誰の目から見ても明らかであろう。 事実、 SEO対策を展開する多くの事業者もヤフー・ジャパンとグーグル向けの対策を 中心としているし、インターネットや書籍などで提供されている情報も、この2つに 向けたものが大半を占めている。そして、ヤフー・ジャパンの検索エンジンはグーグルのエンジンを採用したから今では、グーグルの対策だけしておけばいい。 しかしながら、 2大検索サービスに向けた対策を施したからといってそれで安心かというと、そういう訳でもない。検索サー ビスの利用動向は日々変化しており、新し いプレーヤーも次々と誕生している。現在のシェアはまだ小さいかもしれないが、そ れぞれ特長ある機能を備え、いずれ大きな 存在感を示す可能性もある。そうした検索 サービスにも目を向けておくべきだろう。